よくあるご質問

お見積もり・お申し込みについて

相談やお見積もりは無料ですか?

はい、無料です!まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
お見積もりの際には、厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)から、貴社にもっともメリットが出る助成金プランもご提案させていただきます。

依頼してから最短でいつ見積書をもらえますか?

2022年度新入社員研修、通年研修については、研修コースと受講人数をご指定いただけましたら、お打ち合わせから3営業日程度でお見積もりいたします。その際、貴社にもっともメリットが出る助成金プランもシミュレーションさせていただきますので、すべてお任せください!
また、オーダーメイド研修をご希望のお客様につきましては、お見積もりの際に研修カリキュラムも別途ご提案させていただきますので、目安1~2週間程度のお時間を頂戴いたします。

お申し込み手続きは、具体的に何をするんでしょうか?

当社所定のお申し込み書にご捺印いただくのみとなります。 貴社フォーマットでのご契約(機密保持契約、業務委託基本契約書、発注書の発行など)も可能ですので、お気軽にご相談ください。

研修の申し込み期限はいつですか?

助成金を活用されたい場合は以下となります。

  • 新規で雇用する正社員が研修を受講される場合:「研修開始の1週間前」までお申し込み可能です。
  • 既存社員や契約社員の場合:「研修開始から1ヶ月1週間前」までお申し込み可能です。
助成金を活用されない場合は、一律で「研修開始の1週間前」までお申し込みいただけます。

助成金の種類に制限はありますか?

厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)が活用できます!人材開発支援助成金とは、雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識および技能の普及に対して助成する厚生労働省の制度です。詳細は助成金サポートページをご覧ください。

助成金を受給する条件が知りたいです

厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)を受給するには、以下の条件を満たしている必要があります。詳細は担当より詳しくご説明させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

  1. 1.助成金の不正受給を5年以内に行っていないこと(不支給措置期間でないこと)
  2. 2.過去1年間の間に、労働関連法令の違反を行っていないこと
  3. 3.計画届日の前日から起算して「6ヶ月前から研修終了後の支給申請提出日の間に、解雇(会社都合退職)を1名も行っていないこと
  4. 4.研修開始日から1ヶ月前までに、計画届の提出を済ませること
  5. 5.研修終了日の翌日から起算して2ヶ月以内に、支給申請書の提出を済ませること
  6. 6.受講者が研修総時間に対して80%以上出席をしていること
  7. 7.研修期間中も、労働条件通知書どおりの賃金を支払うこと

ITCollegeについて

どんな企業の研修実績がありますか?

研修実績ページに掲載されている企業様の研修を含め、過去6年間で累計2,000名以上の指導実績がございます。毎年4月~6月にかけて開催する新入社員研修では、10名~100名規模の受託開発/SES企業様を中心に、毎年300名以上の新入社員の方にご受講いただいております。

また、合同会社DMM.com様、株式会社ぐるなび様、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社様といった、大手企業のお客様にもご導入いただいております。

毎年4月~6月にかけて開催する新入社員研修では、10名~100名規模の中小IT企業様を中心に、毎年200名ほどの新入社員の方にご受講いただいています。
また、Web業界では合同会社DMM.com様、株式会社ぐるなび様、デジタルマーケティング業界ではNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社様といった、大手企業のお客様にもご導入いただいております。

新入社員研修のうちから社内SE職や自社内開発、法人営業職など受講生の配属先によって研修内容を変えたいお客様も、ぜひご相談ください!まずは貴社のビジネスモデルや各職種に必要なスキルセットなどをヒアリングした上で、フィットするカリキュラムを提案させていただきます!

研修を受講する際、準備するものはありますか?

インターネット回線のご用意のみお願いいたします!

研修用ノートPCや研修テキスト等、研修受講に必要な機材・教材はすべて料金に含まれております。また、通学時は感染症対策を徹底しており、教室にはマスク、体温計、アルコール消毒液、ペーパータオル、アクリルパーテーションなど、感染防止に必須となる備品も常備しております

研修期間中の感染症対策が知りたいです

詳細は「2022年度新入社員研修の新型コロナウイルス感染症対策」ページをご覧ください。2022年度新入社員研修においては、1クラスあたりの受講生の最大人数を従来の50%以下とし、3密を発生させません。(全クラス25名以下の少人数クラス)

加えて、東京都『感染拡大防止ガイドブック(学習塾等)』に準じた座席配置を行います。また、厚生労働省や東京都が定めるガイドライン等をもとに、弊社でも独自の感染症対策ガイドラインを制定し、研修終了時まで弊社社員ならびに受講生の皆様が遵守するよう、徹底した運営を行います。

また教室にはマスク、体温計、消毒液、ペーパータオル、アクリルパーテーションなど、感染防止に必須となる備品を準備いたします。

研修を受講する際、準備するものはありますか?

インターネット回線のご用意のみお願いいたします!

研修用ノートPCや研修テキスト等、研修受講に必要な機材・教材はすべて料金に含まれております。また、通学時は感染症対策を徹底しており、教室にはマスク、体温計、アルコール消毒液、ペーパータオル、アクリルパーテーションなど、感染防止に必須となる備品も常備しております

研修は担当制ですか?

各コースに担当講師が付き、研修開始から修了まで研修運営を行う担当制になります。

2022年度 新入社員研修について

ITCollegeのカリキュラムに特徴はありますか?

ITCollegeでは、研修コースおよびクラス分けテストの結果に応じて、異なる難易度・研修ゴールを設定しています。

未経験からJavaプログラミングを学びたい方、経験者でより高度な開発技術を学びWebサービスを開発したい方など、受講生のプログラミング適性や経験に合わせて最適なプランを提案させていただきます。

また、オーダーメイド研修では、企業様のご希望に合わせて、研修の目的にフィットするようすべてオーダーメイドでカリキュラムを提供いたします。もちろん、各研修内容(開発言語、クラウド、フレームワーク、Git、マネジメントなど)に応じて、その分野に精通したプロパーのエンジニア講師をアサインいたします。

なぜ文系・理系でクラスを分けないんですか?

過去4年間の弊社実績として、学習理解度の高低には、文系・理系など出身学部よりもプログラミング適性のほうが影響が強い、という結果が出ております。

ITCollegeでは2018年度より、Javaコースを対象にクラス分けテストを実施して参りました。プログラミング適性に合わせて研修期間・ゴールが異なる各クラスから最適なクラスをお選びいただくことで、一人ひとりの理解度を高め、必要な知識を過不足なく習得することができます。(※対象はJavaコース、インフラコースとなります。)

「同期の信頼関係を築くために、全員同じクラスにしたい」等ご希望があれば最大限考慮させていただきます。ただ、過去の結果としても、プログラミング適性が平均未満の方を上級クラスに配属した場合、研修効果が下がってしまう事例がございますので、可能な限りクラス分けテストに沿ってクラスをお選びいただくことをおすすめしております。

毎週必ず決まった曜日に通学するんですか?

研修コースおよび配属先のクラスに応じて、通学とオンライン各日程を事前に割り振ります。

お申し込みいただくコース・クラスにより「月・火が通学」「木・金が通学」いずれかとなります。詳細は担当よりご説明いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

見積もり~研修修了までのフローは?

担当者より詳しくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください! 一般的には以下の流れとなります。

  1. お打ち合わせ・ヒアリング
  2. (クラス分けテスト対象コースの場合)適性テストのご案内(無料)
  3. テスト結果をもとに、弊社より推奨コースのご提案
  4. 研修お申し込み
  5. Eラーニングアカウントの発行
  6. 助成金申請書類の作成支援
  7. 研修用レンタルノートPC・研修テキストの配送
  8. 2022年4月より、各コース所定の研修日程で受講
  9. 2022年4月末付けで請求書を送付
  10. 研修修了報告書の納品
  11. 助成金申請書類の作成支援
  12. 助成金給付
研修は土日祝・夜間も実施していますか?

2022年度新入社員研修コースは、すべて平日9:00~18:00での実施となります。土日祝・夜間の通学・オンライン講義、質問対応は実施しておりません。
オーダーメイド研修の場合は貴社ご指定の日程・時間帯で実施させていただきますのでお気軽にお問い合わせください!

研修期間中に緊急事態宣言が出た場合は?

緊急事態宣言中も、現時点では2021年度に引き続き、通学とオンラインのハイブリッド研修を継続予定です。ただし仮に、2022年度研修開始時点で「東京都より施設利用の停止要請を弊社が受けた場合」および「研修途中に同様の要請を受けた場合」は、全教室一律で完全オンライン研修へ変更させていただきます。ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

オンライン完結型の研修も対応できますか?

はい、対応可能です!2022年度新入社員研修でもオンライン完結型でご受講いただいた企業様が多数ございますので、お任せください。
※オンライン完結型をご希望の企業様が複数いらっしゃる場合、複数企業の受講生の方を集めて1教室とさせていただく場合がございます。自社受講生のみでオンライン完結型研修を実施されたい場合は、受講人数などに合わせて別途ご提案させていただきます!

各コースのカリキュラムの詳細が知りたいです。

担当者より詳しくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください!
また、各コースのカリキュラムの概要と所要日数については2022年度新入社員研修ページにてご覧いただけます。

ITCollegeの新入社員研修は、なぜクラス分けテストがあるんですか?

一般的な集合研修では知識量やプログラミング適性が異なる受講生が1つの教室へ一斉に集まるため、「ほど良いスピード・難易度」の研修が難しく、全員の理解度を底上げすることができません。
この課題を解消するため、ITCollegeでは2018年度よりJavaコースを対象にクラス分けテストを導入し、受講生のレベル差を解消しています。

※対象はJava2ヶ月コース、Java3ヶ月コースとなります。
※クラス分けは推奨であり、強制ではありません。全員同じクラスにしたいなど、ご希望があればお申し出ください。

1名だけ研修に申し込むことはできますか?

1社1名様からお申し込みいただけます!集合研修となるため、他社の新入社員の方ともグループワーク・チーム開発を通してコミュニケーションを取ることができ、切磋琢磨しながら技術を学べる環境です。

企業に所属していない個人でも、研修を受けられますか?

ITCollegeは法人向けのエンジニア研修サービスとなっており、現在個人の方のお申し込みは受け付けておりません。また、個人の方の場合、厚生労働省の助成金はご利用いただくことができません。
当社では個人の方向けのプログラミングスクールも運営しておりますので、詳しくはこちらからご覧ください。

講師の派遣はできますか?

お客様社内やご支店、外部の研修会場に常駐しての研修をご希望のお客様へは、オーダーメイド研修プランをご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

研修後のサポートはありますか?

当社の新入社員研修をご受講いただいた方を対象に、毎年10月には先輩社員になる準備・心構えを学ぶ「フォローアップセミナー」を開催しております。無料セミナーですので、ぜひご活用ください。

また、セミナーの詳細については担当より詳しくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!

通年研修について

通年研修の開催時期はいつですか?

毎年6月から翌2月にかけて、Java/インフラ各2ヶ月間の研修コースをご用意しております。

1ヶ月だけ研修を依頼できますか?

はい、Java/インフラともに1ヶ月だけのお申し込みも可能です。

1社1名様からお申し込みいただけます。集合研修となるため、他社の新入社員の方ともグループワーク・チーム開発を通してコミュニケーションを取ることができ、切磋琢磨しながら技術を学べる環境です。

通年研修の受講スタイルが知りたいです

「通学研修」「オンライン研修」「通学とオンラインのハイブリッド研修」からお選びいただく形になります。開講日程は平日9:00~17:30(土日祝・夜間、夏季・年末年始休業)となり、毎年6月から翌2月まで毎月開講しております。各コース、1ヶ月間だけお申し込みいただくことも可能です。

インフラコースを受講して、CCNAを取得することはできますか?

お任せください!2020年2月に大幅改訂が行われたCCNA新試験に対応し、1ヶ月間で資格取得を目指します。
担当講師は過去300名以上の新人エンジニアを指導した実績があり、CCNA資格対策講座を通して、未経験から1ヶ月以内のCCNA取得率は98.7%を達成しています。また、初回の試験に合格できなかった受講生に関しても、ほとんどの方が3ヶ月以内の取得に成功しています。
当社はピアソンVUE公認テストセンターですので、研修会場と同じビル内で受験可能です。(※研修料金に別途、CCNA受験料(33,600円/税別、2021年8月時点)が必要です。)

1名だけ研修に申し込むことはできますか?

1社1名様からお申し込みいただけます。集合研修となるため、他社の新入社員の方ともグループワーク・チーム開発を通してコミュニケーションを取ることができ、切磋琢磨しながら技術を学べる環境です。

オーダーメイド研修について

3営業日や1ヶ月間のみなど、短期間での研修も可能ですか?

はい、対応可能です!まずはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
OJTのスケジュールのご都合によって1ヶ月間だけ研修にお申し込みいただく企業様もいらっしゃるので、短期の研修もぜひご相談ください。(※総研修時間によっては助成金がご活用いただけない場合もございますのであらかじめご了承ください。)

Webサイトに掲載されている以外の開発言語にも対応できますか?

オーダーメイド研修ページでご紹介している以外にも対応可能です!JavaScript(Vue.js/React)やSwift/Kotlinなど各種開発言語はもちろん、GitやDocker、クラウド(AWS・GCP)などさまざまな技術研修を提供させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

受講料、キャンセル料について

受講料金の支払いはいつですか?

研修開始月 末締め・翌月末払いとなります。当社からご請求書をお送りいたします。

研修中、会社の都合で休暇を取ることはできますか?

1ヶ月あたり2~3日の範囲内であれば、まったく問題ありません。研修中に帰社日や自社面談を設けることも可能です。 講義内容については動画で後日共有し、質問対応も行いながら受講生の方をフォローしています。

内定者が内定辞退してしまった場合は?

内定辞退や留年など、キャンセルの理由が貴社の責めに帰さない場合は、キャンセル料金は発生しませんのでご安心ください。

受講前のキャンセル料金は発生しますか?

受講1ヶ月前までのキャンセルについては料金は発生しません。受講開始1ヶ月前~2週間前のキャンセル:講座料金の20%、2週間前~前日でのキャンセルは講座料金100%をご請求させていただきます。

途中で研修を終了することになった場合は?

途中終了の理由が業務配属など会社都合の場合、各コースの研修料金の100%をご請求させていただきます。途中終了の理由が退職など受講生の都合による場合、受講日数をもとに日割り計算でご請求させていただきます。助成金については諸条件がございますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。