新入社員研修ならITCollege

よくある質問

よくある質問

 お見積りについて

 相談や見積もりは無料ですか?
はい、無料です。まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
お見積りの際には、ご活用いただける助成金の金額も試算し、研修負担を軽減するご提案をさせていただきます。
 提案を依頼する際、準備することはありますか?
特に資料などをご用意いただく必要はございません。打ち合わせの中で、貴社の研修導入の目的や達成したい目標について詳しくヒアリングさせていただきます。提案の際にご要望次第で機密保持契約、業務委託基本契約を締結の上、ご提供いただいた情報については社内セキュリティでの管理の上、利用させていただきますのでご安心ください。

 ITCollegeについて

 どのような企業の研修実績がありますか?
ITCollegeの研修実績に掲載されている研修は、すべて当社が担当しています。

4月・5月・6月にかけて開催する春の新入社員研修では、10名~100名規模の中小IT企業様を中心に、毎年600名ほどの新入社員の方を未経験からWebエンジニアに指導してきた実績があります。また、ゲーム業界では株式会社DMM.comラボ様、冠婚葬祭業界では株式会社アーバンフューネスコーポレーション様、金融業界では株式会社アイエスアイ様、デジタルマーケティング業界ではNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社様といった大手企業のお客様にもご導入いただいています。ぜひ研修実績ページからインタビューをご覧ください!

もちろん、提案の際に貴社のビジネスモデルや業務フロー、運用体制について詳しくヒアリングさせていただきますので、上記以外の業種のお客様もお気軽にお問い合わせください。

 ITCollegeのカリキュラムに特徴はありますか?
ITCollegeでは、それぞれの研修コースによって研修の到達目標が異なります。
プログラミング未経験からJavaプログラミングを学びたい方、経験者でより高度な技術を身につけてWebサービスを開発したい方など、受講生のレベルに合わせて、最適なカリキュラムを提供しています。

オーダーメイド研修では、企業様のご要望に合わせて、研修目的にフィットするようすべてオーダーメイドカリキュラムで研修を実施しております。
 研修を受ける上で、準備するものはありますか?
研修中は、開発環境を構築できるノートPCが必要です。ただし、新入社員研修、定期Java研修では当社が受講生の人数分のノートPCをご用意いたしますのでご安心ください。オーダーメイド研修の場合は、ご要望により当社側で貸出PCをご用意することが可能です。ただし、原則研修会場外への持ち出しはできません。
 研修の時間帯を教えてください。
新入社員研修は平日9:00~18:00、定期Java研修は平日9:00~17:30(ともに土日祝休、夏季・年末年始休業)までとなります。オーダーメイド研修の場合は、ご要望や貴社の就業規則に応じて柔軟に対応させていただきます。
 研修は担当制ですか?
各コースに担当講師が付き、研修開始から修了まで研修運営を行う担当制になります。

 新入社員研修・定期Java研修について

 ITCollegeの新入社員研修は、なぜクラス分けテストがあるんですか?
ITCollegeでは、一般的な進学塾と同様に「クラス分けテスト」を実施し、プログラマー適性やパーソナリティを診断しています。
研修を受講するご予定の内定者の方は全員、毎年3月頭までに受験していただくこととなります。こちらのWeb試験では、JavaやPHPなどのプログラミング知識は問われません。このWeb試験の結果は、適切なクラス編成に活用させていただきます。

2019年度は下記3コースに適用されます。

  • Javaエキスパート【2ヶ月】
  • Java【2ヶ月】
  • Java【3ヶ月】

上記以外のコースについてはクラス分けテストは実施しておりません。

  • インフラ【2ヶ月】

適性に合わせてクラス分けを行うことで、クラスのレベルが均質化されるため、講義についていけない受講生や、進みが遅く暇ができてしまう受講生が生まれなくなります。開発知識の基礎や経験がある受講生にはよりレベルの高い研修を実施し、これから学習を始める未経験者には基礎からしっかりと知識を身につける学習カリキュラムを提供することが可能です。

 指定した場所に常駐して研修することはできますか?
新入社員研修、定期Java研修はITCollege研修会場に通っていただく、通学型の集合研修となります。お客様社内やご支店、外部の研修会場に常駐しての研修をご希望のお客様には、オーダーメイド研修をおすすめしています。詳しくはお問い合わせください。
 研修後のサポートはありますか?
新入社員研修後には、受講生本人には「フォローアップセミナー」、配属後に受講生の育成・指導を担当する先輩社員にはコーチングの方法をお伝えする「新入社員育成方針セミナー」などのセミナーを実施しています。原則、ITCollegeの研修にお申し込みいただいた企業の方であれば無料で受講することができます。
 新入社員研修、定期Java研修はコースの途中からでも参加できますか?
研修コースによって、参加できることがありますのでお気軽にご相談ください。途中参加の場合、受講料については出席した日数で日割り計算し、ご請求します。
 1名だけ研修に申し込むことはできますか?
1社1名様からお申し込みいただけます。新入社員研修、定期Java研修の場合は集合研修となるため、他社の新入社員の方とも演習やチーム開発を通してコミュニケーションを取ることができ、切磋琢磨しながら技術を身につけられる環境です。
 企業に属していない個人でも、研修は受けられますか?
ITCollegeは法人向けのプログラミング研修サービスとなっており、現在個人の方のお申込みは受け付けておりません。また、個人の方の場合、厚生労働省の助成金はご利用いただくことができません。
個人の方向けのプログラミングスクールも運営しております、詳しくはこちらからご覧ください。
 Eラーニングのアカウントは、いつまで利用することができますか?
当社では、ご契約後1週間程度でEラーニングのアカウントを発行しております。アカウントは、発行後約1年間は無料でご利用いただけます。Eラーニングのコンテンツは受講される研修コースにより異なります。
ただし、受講者が貴社を退職された場合は、セキュリティ保護のために該当ユーザーのアカウントを削除させていただく場合がございます、あらかじめご了承ください。

 オーダーメイド研修について

 3営業日や1ヶ月だけなど、短期間での研修も可能ですか?
対応可能です。当社には、以下のような短期研修の実績があります。OJTのスケジュールのご都合により、春の新入社員研修を1ヶ月だけお申し込みいただく企業様もいらっしゃるので、短期の研修もお気軽にご相談ください。

  • 1日間だけのマネジメント研修
  • 1週間のインフラセキュリティ研修
  • 1ヶ月だけの新入社員研修
  • 2ヶ月でWebエンジニアを育成する定期Java研修

ただし、研修時間によって助成金がご活用いただけない場合もございますので、ご留意ください。

 Webサイトに掲載されている以外の言語も対応できますか?
オーダーメイド研修ページでご紹介している以外にも、Git/GitHubやJavaScript/jQuery、DBなどの技術研修にも対応できます。研修をご希望されている開発技術があればぜひご相談ください。

 助成金、受講料、キャンセル料について

 契約から研修、助成金が給付されるまでの流れを教えてください。
助成金活用のページをご覧ください。より詳しい内容が知りたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 助成金はどの程度の金額が給付されますか?
企業様の場合、助成金の活用が可能です。給付額は厚生労働省の助成金種類や企業様の規模、研修時間などの諸条件により決定されます。最も貴社に望ましい助成金種類を選定し提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
 研修中、会社の都合で休暇を取ることはできますか?
はい、問題ございません。講義内容については後日共有し、質問対応も行いながら受講生の方をフォローしています。また、研修時間によって助成金がご活用いただけない場合もございますので、ご留意ください。
 受講を予定していた新卒内定者が採用辞退してしまった場合はどうなりますか?
内定辞退や留年など、キャンセルの理由が貴社の責めに帰さない場合は、キャンセル料金は発生しませんのでご安心ください。
 受講前のキャンセル料金は発生しますか?
受講1ヶ月前までのキャンセルについては料金は発生しません。受講開始1ヶ月前~2週間前のキャンセル:講座料金の20%、2週間前~前日でのキャンセルは講座料金100%をご請求させていただきます。
 途中で研修を終了することになった場合、受講料や助成金の給付額はどうなりますか?
会社の都合により受講できなくなった場合は全額請求させていただきます。受講生が自己都合により退職される場合は退職日までの日割り計算でご請求させていただきます。助成金については諸条件がありますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。