顧客満足度96.1%のITCollege

Javaメイン講師 鈴木

元々IT業界には、エンジニアとして就職しました。自分自身がエンジニアとしてさまざまなシステムの開発に携わる中で、教育というものの大切さを実感したのがきっかけで講師に転向し、これまで中堅SIerから大手Webサービス運営企業までさまざまな業種の新入社員の研修に携わってきました。

得意分野はWebアプリケーション開発の中でもプログラミングやシステム・ アーキテクチャの部分ですね。情報通信業や人事管理などのエンタープライズ系システム開発の経験で培ったノウハウをもとに、主に業務システム開発に携わっていく若手エンジニアを育成しています。
業務システムもWebサービスも同じく、 「ユーザーが使うものだ」という視点がもっとも重要視されます。研修では、「ユーザーに提供するサービスとは何か、品質とは何か」を考えながら、プロジェクトを進めていく方法をお伝えしています。

「現場のエンジニアの一人として仕事をしていくこと。」

「現場のエンジニアの一人として仕事をしていくこと。」

現在は主に業務系システムの開発に携わっていくことになる新入社員を、プロのエンジニアに育成するための研修を行っています。私はプログラミング経験者のクラスを担当することが多いですが、自分でプログラミングをした経験はあってもエンジニアとしてお金をいただいてプロジェクトを推進し、サービスを世に出したという方は本当にごく一握りだと思います。

新人であれ中堅であれ、システム開発をした完成物によってお金をいただく、それがプロのエンジニアの仕事です。これからそんな「プロのエンジニア」のうちの一人になるわけですから、「ユーザーやクライアントという存在が求めているものを提供するんだ」、という矜持を持つことがまず大切だと思っています。 知識や技術だけを教えるのではなく、現場のエンジニアの一人として仕事をしていく、そのことの意義や役割を学んでいただきたいですね。

私自身の講義スタイルとして、就職したばかりの新入社員にも、自分と同じ目線で物事を考えることを求め、教えます。新人だから、という甘い目線では話しません。新入社員も私も、等しく一人のプロのエンジニアだ、と考えているからですね。同じ目線で考えるというのは高度な物事の考え方やスキルを持て、ということではなく、心構えの部分ですね。エンジニアとして仕事をする上でなによりも大切なことは知識でも技術でもなく、「自分がこのプロジェクトの一員として役割を遂行する」という意識だと思っています。

もちろん、最初からプロ目線で話をしろとも言いません。これから挑戦していく姿勢や積極性、自分自身で考える能力を養うことが研修中の大きな目的だと思っています。研修が終わればお金を稼ぐプロのエンジニアになるわけですから、研修中にその意識を徐々に持って欲しいと思いながら講義を行っています。

否定しないこと。

否定しないこと。

私の教育方針は、絶対に受講生の意見を否定しないこと。新入社員には、わからない、できないことがたくさんあると思います。ただ、それは普通のことだとまず意識してもらうように心掛けていますね。誰でも最初からできているわけではありません。できないことを認識し、自分の能力値を理解できている人が必要なものを補う(学ぶ)から、成長することができます。でも、「こんなことを聞いたら怒られる」「勉強してないと思われる」という意識から、口に出せないことも多いはずなんですよね。

私は発言してもらった一つ一つがその人の可能性の塊だと思っています。新しい間違いや躓きは発見なので、積極的にアウトプットして欲しいですし、解決のために私の持っている知識、技術を惜しみなく伝えたいと思っています。否定せずにアウトプットを促していくことが、成長の第一歩に繋がると信じています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)