顧客満足度96.1%のITCollege

インフラメイン講師 前田

エンジニアとしてのキャリアは14年目。講師経験は2年目ですね。
理系大学を出て中堅SIerに入社してから今までずっと、業務系Webアプリケーションの開発に携わりながら、現場で新入社員やプロジェクトメンバーを教育してきました。業種は鉄鋼、エンタメ、飲料、冠婚葬祭などさまざまですが、プロジェクトマネージャーとして主にJavaで開発するシステムでの要件定義・設計・製造までを一貫して担当することが多いですね。それを動かすアプリケーション基盤としてネットワーク、サーバーなどインフラ設計や構築も同時に行うこともあります。

新卒の時分からエンジニアを続けていますが、案件を重ねるごとにこの業界の変化スピードの速さを実感します。昨今ではフルスタックエンジニアという言葉が当たり前のように使われますが、最初は私も新人エンジニアでした。さまざまな現場に対応できるように勉強を続けていくからこそ、今フルスタックエンジニアとして
活躍できているのだと思います。エンジニアと講師を兼務しているからこそ知っている、現場で求められる、活躍できるエンジニアになるための方法をお伝えします。

「自分で考えらえる人材になってほしい。」

「自分で考えらえる人材になってほしい。」

システムエンジニアとプログラマの違いはどこにあるのでしょうか?私は、自分で考えて行動する力を持って
いるのがシステムエンジニアだと思っています。プログラマは、人に言われたものをプログラムに落とし込むことが仕事です。かたやエンジニアは、クライアントの要求を実現する方法を考え、それをシステム全体に落とし込むことが仕事です。

辿り着く先は同じでも、エンジニアにはユーザーの要望の対して自分で考えて解決策を見出し、プロジェクトを推進していく自己解決能力が求められます。これからIT業界に入ってくる新入社員の方には、まずその違いを意識していただけるように教育するのがポリシーですね。

昨今、エンジニアの単価が下がっているといわれていますが、それはエンジニアがプログラマと変わらない仕事しかしない、とクライアントから思われているからではないでしょうか。その人にしかできないこと、付加価値を出すということによって、お金を積んででも任せたいと思われる、求められるエンジニアになることができます。その第一歩として、研修では知識や技術だけでなく、自分で考える自立型人材になる術をお伝えします。

「必ず理屈を教えること。」

「必ず理屈を教えること。」

教育するにあたって、回答を教えるのではなく解き方を教えることを徹底しています。研修を受け始めたばかりの頃は全員、右も左も分からない、知らないことだらけです。ですが、そのような状況の中でも自主的に学ぼうとする姿勢を持つ方にはヒントをお伝えしますし、私の持っている知識はいくらでも何時間でも提供します。教わった解き方を使って自分なりに考えて調べて、自分なりにやってみる、1つできることが増える、また新しい課題にチャレンジする、この反復練習で「自分で考えて、行動する習慣」が身につき、自己解決能力のあるエンジニアを育てるのだと思っています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)