顧客満足度96.1%のITCollege

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、ビッグデータとマーケティングテクノロジーで顧客との新しい”絆(エンゲージメント)”をつくることを目的としたソリューションパートナーです。確かなテクノロジーとデータ解析力を強みに、顧客ロイヤルティや売上向上につながるマーケティング・ソリューションを提供しています。新入社員がより体系的に開発技術を身につけられるよう、ITCollegeの研修を導入していただきました。今回は、開発チームでマネジメントを務める鈴木さんと、新入社員の原田さんに、研修のご感想を伺いました。

研修を導入したきっかけを教えてください。

研修を導入したきっかけを教えてください。

弊社では自社のプロダクトやお客様向けのソリューションの開発に関して、上流から下流、リリースまですべての開発工程の内製化を推進しています。これから開発に取り組む新入社員には、プログラミングを中心に一連の開発プロセスをしっかりと体系的に理解してもらうことが必要と考えておりました。しかしながら社内に技術者育成のフレームがまだまだ充分ではありませんでしたので、ITCollegeのような専門の研修会社に委託させていただこうと考え、何社かお声掛けさせていただきました。

各社のお話を伺いましたが、特にカリキュラムのカスタマイズ性や研修場所など、柔軟に相談させていただけたので、ITCollegeの研修を導入することに決めました。研修期間は1ヶ月と短期間でしたが、研修開始前に受講したEラーニングで知識をインプットして臨んだこともあり、研修後は即戦力として開発できる土台ができていると感じています。実業務でOJTする部分はありますが、早速上司のもとで開発を担っている新入社員もおります。

昨年までは、配属後すぐに担当プロダクトの機能開発、改修をしてもらう形でしたので、たとえばオブジェクト指向の概念であったり、DBとの接続の方法といったものも含めて、体系的な開発知識、スキルの習得は基本的に行っていませんでした。今回の研修ではJavaプログラミングの基礎構文やオブジェクト指向、JDBCから始め、最終的にはオリジナルのオンラインショッピングサービスの新規構築までを行うことで、開発プロジェクトのすべての工程を経験することができたことは非常に良かった点だと感じています。

今回は弊社内で研修を実施していただいたので、研修中の雰囲気を感じることができました。何度か私のメンバーと一緒に研修を見学させていただきましたが、「すごく活気があって楽しそうだな」、「これがチーム開発だね」と多くのメンバーが共感する良いシーンでしたね。

今後、どんな研修を実施したいですか?

今後、どんな研修を実施したいですか?

クラウドファーストの時代ですので、例えば、AWSのマネジドサービスを使うなど実業務にフィットした研修を行えたら、と思っています。現状のプロダクト開発ではクラウドサービスや自動化を積極的に活用していますので、研修期間が2,3ヶ月取れるなら単体テストやCIもしっかり組むところまで実施したいですね。

私が担当している中では、一部オンプレミス環境もありますがAWSやGCPで構築されているものが多いです。また今後新しいコンポーネントやプロダクトを作る際に、オンプレミスという選択肢はもうほとんどありません。そのため、実業務に入る前に一度経験し、理解することができたらなとも考えています。

また、クラウドサービスを活用して「どう作っていくか」という選択肢が今はものすごく広がっているのが事実だと思います。クラウドのデザインパターン、CDP(AWS Cloud Design Pattern)に合わせた実現方法も早い段階でスピーディーに習得することが実業務でも求められますので、そういったところに早い段階で触れられるような研修だと良いですね。

ITCollegeの講師へのご評価を教えてください。

ITCollegeの講師へのご評価を教えてください。

外部の研修会社に委託させていただいたのが今回初めてなので、どう評価するか難しいですが「レベルに合わせて理解できるまでしっかり教えてくれる」と受講生から聞いております。全体的にとても真摯に取り組んでいただけたと思います。

1ヶ月の研修の中で、一番大変だったことはなんですか?

1ヶ月の研修の中で、一番大変だったことはなんですか?

一番苦労したのは、数日間で行った最終課題のチーム開発です。大学時代にJavaなどを利用してバックエンドの技術は学んできていましたが、システムを自分で一から構築するという経験はありませんでした。

最終開発では、最初に一通り設計を終え、モジュールの結合なども考慮しながらチームメンバーのタスクを割り振りましたが、私も含め全員がチーム開発の経験がありませんでしたので、ブランチにマージした際にコンフリクトが起きてその修正に時間を費やしてしまうこともありました。でも、最終的にはその経験も踏まえてみんなで話し合って、約束事項を決めながら開発を進めて成果物として完成させるところまで漕ぎつけることができ、非常に良かったと思っています。

逆に、一番嬉しかったことはなんですか?

逆に、一番嬉しかったことはなんですか?

チーム開発で、最後の成果物を完成させたことですね。最初はマージミスも多くありましたし、プログラミング未経験者が多かったこと、経験者もチーム開発は経験したことがなかったので、「Webサービスを新規構築できるスキルを習得する」という研修の目的に辿り着けるか非常に不安でした。Eラーニングと研修合わせて1ヶ月半で座学・演習を通して学んだ知識を活かして要件定義から設計、実装、テストまですべての工程をうまく全員で切り分けて進めることができました。

在学中は個人での開発ばかり行っていましたが、チーム開発では最後に成果物を完成させた時の達成感がより一層強く感じられました。一人で開発するのと違い、チームの場合は何かミスをすると全員に迷惑がかかりますので、無事に完成した時の達成感はすごかったですね。

研修前と比べて、成長を実感したことはなんですか?

Webシステムの全体像を把握する能力が格段に向上したと感じています。在学中はバックエンドの技術が中心でしたので、WebフロントやDBの技術も知識も経験もありませんでした。今思うと、当時は苦手意識もあって避けてきたのかもしれません。この研修を通してバックエンド側とDBがどのように連携してWebシステムを動かしているのか理解することができました。

また、自分のスキルがついたことで多少のエラーやバグにも冷静に対応できるようになり、ポジティブ思考になったと感じました。

ITCollegeの講師へのご評価を教えてください。

ITCollegeの講師へのご評価を教えてください。

プログラミング未経験者、経験者を問わず、受講生個人を見て、それぞれのレベルに合わせて指導していただけたと思っています。理解できていない時には例を出して説明していただき、経験者にはより踏み込んだ話や現場に出た時の知恵、教訓を教えていただきました。

4月にも他の研修を受けていたのですが、研修期間が短く、ほぼ基礎知識がない状態から、RubyでWebシステムを構築するカリキュラムであったため、とても難しく感じました。

その点、ITCollegeの講師は手厚さ、安心感がありました。全ての質問に適切に答えていただき、「わからない事はどんどん聞いてみよう!」という気持ちで臨めたところが良かったと思っています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)